心霊タイムズへようこそ!

心霊タイムズでは、世界中で報道された心霊ニュースを集めていきます。もちろん、心霊写真付きのもの希望ですが、どんなものが集まるやら…。ニュースが中心ですので、霊視が出来る方も出来ない方も、占いを信じる方も信じない方も、ぜひお楽しみください。
リンクは、ご自由にどうぞ。URLは「http://xn--g7q185avis1f3a.seesaa.net/」です。

  

2009年06月23日

映画『スリーメン&ベビー』の怪奇現象

『スリーメン&ベビー』(THREE MEN AND A BABY)は、1987年にアメリカ合衆国で制作されたコメディ映画。 コリーヌ・セロー監督作品『赤ちゃんに乾杯!』のリメイク版である。

内容は

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ニューヨークで優雅に独身生活を謳歌していたピーター、ジャック、漫画家のマイケルは仕事も順調で独身貴族として過ごしてたが、ある日マンションの前で赤ん坊が捨てられて3人の生活は優雅な独身生活から一転、子育てにてんやわんやと悪戦苦闘する羽目に・・・。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

というものだが、この映画作品に関して、ある「噂」が広がったことがある。いわく、「ジャックが母親に子育てを頼み込む場面で、後ろのドアに無表情の少年が映っている」というものだが、これは後に「スタッフが片付け忘れたパネル」と判明した。



posted by no name neko at 19:15 | 心霊ニュース

2008年04月25日

イスラム教の聖人、米と現金を捧げないと災いが起きるとお告げ?

インド北部、スリナガルの寺院は、「お告げ」を聞いた人々が押し寄せる大騒ぎになっている。この「お告げ」とは、地元で人気の高い、イスラム神秘主義の1つ、スーフィーの聖人Ahad Sahib師によるもので、「1人息子を持つ親は、米と現金を捧げないと災いが起きる」というもの。そのため、スリナガルのDastgeer Sahib寺院には23日、農民から知識人まで、数百人の信徒が米と現金を手に押し寄せた。中にはカシミール地方南部から、はるばるタクシーで駆けつけた信徒もいたという。

同日夕方には、Sahib師が「お告げ」との関与を否定したという「噂」も流れたが、その後も訪れる信徒の数は増える一方で、寺院にはたった1日で、大量の米と現金数百万ルピー相当が寄せられたという。これについて、信徒であり、農学者でもあるSheikh Bilalさんは、「お告げが単なるうわさだったとしても構いません」と語っている。
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース

2008年04月21日

ガンまで治すソロモン諸島の「カリスマヒーラー」

ソロモン諸島のガダルカナル州西部には、キリスト教を信仰する「カリスマヒーラー」が存在するという。

少女のころから高いヒーリング能力を持ち、地元Tanavasa村や周辺に住む多くの人々を癒やしてきたというSilvia Tasiさん(写真右)。樹皮を原料として薬を作り、かいようや貧血症、糖尿病、性感染症(STD)、さらにはガンなどの患者を約18年にわたり治癒させてきたという。

「苦しんでいる人のために祈りをささげた後、bibiliという木の皮から作った薬を与えます」とTasiさん。

治療はすべて無料で行うというTasiさん。「わたしはキリスト教の信仰に従い、人々を助けています。この能力は神から与えられたものです。どんな病気であろうと、苦しんでいる人がいればすぐに駆けつけます」。

Tasiさんが中心となって組織された小さな伝道団体は、Tanavasa村だけでなく、首都ホニアラ周辺に住む病人宅も定期的に訪問しているという。

「多くの人を救えるのはとても幸せなこと」と語るTasiさん。「治療や薬からの収入はありません。それでも、神にこの能力を与えられたわたしは十分に恵まれています」。
【Solomon Times】
タグ:ヒーラー
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。