心霊タイムズへようこそ!

心霊タイムズでは、世界中で報道された心霊ニュースを集めていきます。もちろん、心霊写真付きのもの希望ですが、どんなものが集まるやら…。ニュースが中心ですので、霊視が出来る方も出来ない方も、占いを信じる方も信じない方も、ぜひお楽しみください。
リンクは、ご自由にどうぞ。URLは「http://xn--g7q185avis1f3a.seesaa.net/」です。

  

2007年09月26日

ミャンマー軍政、伝統や占星術も政策決定要因


1992年にタン・シュエ議長が軍政トップに就いて以来、ミャンマー軍事政権は秘密主義的な政治を貫いている。しかし、これは早くから軍人としてのキャリアを築いてきたタン・シュエ議長が、心理戦部隊に所属した経験を活かしていることだけによるものではないらしい。


専門家らによると、タン・シュエ議長は軍事的な戦略やミャンマーの伝統に加え、占星術などのオカルト的な思想に基づいて政策を決定する。その典型な例が首都移転で、2006年11月7月、タン・シュエ議長は占星術のお告げがあったとして、突然、ミャンマー中部の森林地帯にあるピンマナ(Pyinmana)周辺に首都を移すことを宣言。官僚らは数時間以内に荷物をまとめて、移動するよう求められた。しかし、ネピドーと名づけられた新首都は、まだ水道や電気といった基本インフラも整備されていなかったという。
そんなわけで、外部から隔離されたネピドーの官庁施設は謎に包まれている。時おり外部に流出するビデオ映像などから、タン・シュエ議長の娘の結婚披露宴でダイヤモンドを身に着けた花嫁や豪華マンションなど、ミャンマー官僚の贅沢な生活の一端を知ることができる程度だ。


このことに対し、人権監視グループ「ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch)」のDavid Mathieson氏は、こう述べている。「軍部が国の最高機関として国内を支配するのは軍政指導者らにとって合理的な考えなのだ。それが星占いの結果なのか、政治的判断によるものなのか知らないが」。
posted by no name neko at 00:00 | 占いニュース

2007年09月08日

APEC首脳会議を前に、シドニーで抗議活動


アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開幕を翌日に控えた7日、オーストラリアのシドニーには、さまざまなグループが集結、それぞれの主張を訴えた。市内のハイドパークでは、幽霊に仮装して地球温暖化へ抗議を表す「ゴースト・ダンス」が行われた。8日には、米国のジョージ・W・ブッシュ大統領に対する大規模な抗議活動も予定されている。
タグ:幽霊
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。