心霊タイムズへようこそ!

心霊タイムズでは、世界中で報道された心霊ニュースを集めていきます。もちろん、心霊写真付きのもの希望ですが、どんなものが集まるやら…。ニュースが中心ですので、霊視が出来る方も出来ない方も、占いを信じる方も信じない方も、ぜひお楽しみください。
リンクは、ご自由にどうぞ。URLは「http://xn--g7q185avis1f3a.seesaa.net/」です。

  

2008年02月26日

天気占い:「今年は長梅雨。大きな台風はない」小鹿野・諏訪神社

今年1年の天候を手作り弓矢で占う「天気占い」(県指定無形民俗文化財)が25日、小鹿野町両神薄の諏訪神社前で執り行われた。この占いは、9戸の集落で「出原天気占い保存会」(黒沢弘会長)を作り、継承しているもので、黒沢千万亀さん(75)ら氏子6人が2人1組で、桃の若木の皮をむいて作った弓を使い、シノ竹の矢24本を白黒に色分けされた的に放った。

白い部分は晴、黒は雨、的を外すと嵐を意味するが、黒沢会長(77)は「今年は長梅雨。大きな台風はなく、小さなものがいくつか来るが、穏やかな1年になる」と参拝者に報告して行事を終えた。

【毎日新聞】
タグ:占い
posted by no name neko at 00:00 | 占いニュース

2008年02月25日

日経新聞、女性の髪形での経済占い記事?

「日本の女性が長髪を止め、また髪を短くカットし始めたのはリセッションの兆し」と、日本経済新聞が女性の髪形での経済占い記事を掲載したとロイター通信が伝えた。
これは化粧品メーカーの花王が、東京、大阪で過去20年間伝統的に実施している調査の結果だそうで、1千人の女性の髪形からの先行き見通し。
長髪の時には日本経済は良好であるが、短髪が流行りだしたことで第二次大戦以来の日本の長期成長サイクルは終焉を向かえ、リセッションの危機に走っているというのだ。
ちなみに、90年代の初めまで、日本経済のバブルが弾けるまでは、20台の女性の60%までが長髪だったとか。 
景気が悪い話ばかり伝わり、犯罪が増え、リセッション突入説まで聞かれる昨今、嬉しくない髪占い。ミニ・スカート(サイア)占いだと艶が出そうだが…。

【サンパウロ新聞】
タグ:占い
posted by no name neko at 00:00 | 占いニュース

2008年02月20日

占い師小笠原まさやの助言で、水玉れっぷう隊が改名

先日『やりすぎコージー』(テレビ東京系)で、お笑いコンビの「水玉れっぷう隊」がコンビ名を「バイキング」に改名した。番組内で新コンビ名を一般公募し、吉本興業に所属する芸人兼占い師の小笠原まさやが“一番運気が良いコンビ名”を5つ選び、その中から水玉れっぷう隊の二人に選ばせた結果だ。

小笠原まさやは高名な占い師を祖母に持ち、本人も19歳から占いの勉強し、その的中率の高さが話題になっている。「千原兄弟」の千原浩史を千原ジュニアに改名したのも小笠原で、“浩史”では尖りすぎて敵を作り、“Jr.”では女性的過ぎて結婚できない。“ジュニア”にすれば巨万の富を手に入れるというもので、2005年に改名している。
posted by no name neko at 00:00 | 占いニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。