心霊タイムズへようこそ!

心霊タイムズでは、世界中で報道された心霊ニュースを集めていきます。もちろん、心霊写真付きのもの希望ですが、どんなものが集まるやら…。ニュースが中心ですので、霊視が出来る方も出来ない方も、占いを信じる方も信じない方も、ぜひお楽しみください。
リンクは、ご自由にどうぞ。URLは「http://xn--g7q185avis1f3a.seesaa.net/」です。

  

2007年11月11日

サンタフェ郡庁舎の監視カメラに「幽霊」、正体は?

アメリカ、ニューメキシコ州サンタフェ郡の郡庁舎に設置された監視カメラに、今年6月、不審な物体が映っているのが見つかった。監視カメラが捉えていたのは、光を放つ小さな物体で、木陰に止めた警備車両の前で、ふわふわと宙に浮いているように見える。この映像がYouTubeに投稿されると、「幽霊だ」「イタズラだ」「光の反射だ」…と、様々な憶測が飛び交った。

しかし、ここに心霊現象超能力などの「超常現象」を専門に調べ、懐疑派雑誌の編集長も務めるベンジャミン・ラッドフォード氏が登場。これらの説を検証し、反論。その上で、「幽霊の正体」を発表した。監視カメラに映った、幽霊の正体とは…?! 以下、CNNニュースより。

ラッドフォード氏はやがて、大量のテントウムシを買い込み、カメラのレンズに付けてみる実験を実施。すると、問題の「幽霊」が再現できることが分かったという。同氏は「論理的、科学的な分析と方法論により、レンズに付着した虫が原因と断定された」と発表し、騒ぎは落着した。長年にわたる同氏のキャリアの中でも、「このように明確な答えが導き出せたケースは珍しい」という。




確かに、これは「テントウムシ」っぽいですね。どうみてもオーブではありません。足が6本、もぞもぞ動いていますし…。
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。