心霊タイムズへようこそ!

心霊タイムズでは、世界中で報道された心霊ニュースを集めていきます。もちろん、心霊写真付きのもの希望ですが、どんなものが集まるやら…。ニュースが中心ですので、霊視が出来る方も出来ない方も、占いを信じる方も信じない方も、ぜひお楽しみください。
リンクは、ご自由にどうぞ。URLは「http://xn--g7q185avis1f3a.seesaa.net/」です。

  

2008年03月17日

「豊作」人形もお目見え、三八稲荷社で初午祭

housaku_ningyo.jpg愛知県一宮市の真清田神社内にある三八稲荷社で16日、初午祭が営まれた。これは稲荷が祭られた日を記念し、毎年行われているもので、三八稲荷社を顕彰する団体「三八稲荷十八日講」の人たちが訪れ、家内安全や五穀豊穣に感謝し、神職が祝詞をあげた。

また、1日に行われたことしの世相を占う「神卜祭」の結果を人形で表した「花の撓(とう)」も展示された。占いによると、ことしの農業は豊作で、社会が良い方向に進むという。訪れた人たちは、稲作をする人形などを見て、「かわいいね」と話していた。

【中日新聞】
タグ:占い
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース

2008年02月29日

「魔女に恩赦を」、スコットランド議会に嘆願書提出


イギリス北部スコットランドで28日、エジンバラ近郊在住の超常現象信仰家らが中心となって、ウェブ上で署名を募った嘆願書2通が、中世から第二次世界大戦中までに魔女狩りなどで有罪となった人々の死後恩赦を求めて議会に提出された。

1通は「魔術取締り法」(1735年制定、1951年に「不正団体取締り法」に改定)に違反したとして1944年に有罪となった降霊術師ヘレン・ダンカン(Helen Duncan)の死後恩赦を英内相に働きかけるよう、スコットランド議会に求めるもので、206人が署名。ヘレン・ダンカンは第二次大戦中、降霊会で霊視した船乗りの亡霊から英軍艦が沈没したと告げられたが、軍艦沈没の事実は軍事機密として極秘情報だったことから、ダンカンは「魔術取締り法」違反で9ヶ月の禁固刑判決を受けた。

もう1通の嘆願書は、1565年から1736年までの間に魔術を使ったとして有罪になった全ての人間を死後恩赦とするよう求めるもので、69人が署名した。

これによると、いわゆる「魔女狩り」で有罪とされた人々は4000人あまりで、ほとんどが絞首刑に処され遺体は焼却された。取り調べでは1704年まで拷問が行われており、犠牲者のほとんどは女性だったという。

写真は、中国・香港のショッピングセンターで、ハロウィーンの催しに魔女の扮装で現れたモデル。
タグ:魔女 霊視
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース

2008年01月08日

呪いが怖い」と、ケニアの略奪者が盗品返却


ケニアでは大統領選挙の結果をめぐり暴動が続いているが、港町モンバサ(Mombasa)では7日、略奪者らが略奪品を返したり捨てたりするケースが相次いでいる。と言うのも、略奪の被害者たちが「盗人に罰が下るよう」呪術師に呪いをかけさせたとの噂が広がっており、略奪者らが恐怖にかられたからだとか。そのためテレビのニュースでは、略奪者らが青ざめた表情で、ベッドやソファなどを所有者に返す様子が映し出されることさえある。

「幽霊に人生を脅かされるのが怖い。」
「略奪者の中には、排尿や排便ができなくなったり、片目が見えなくなったりした者がいると聞いた。それもこれも、他人の財産を盗んだからだ。」

モンバサの住民は、アフリカの多くの共同体と同じく、呪術師の力に絶大な信頼を寄せており、呪術師には悪霊を呼んだり退散させたりする魔力があると信じている。これらの略奪品返却現象について、ある警察署長は「幽霊がいようがいまいが、(呪いのおかげで)仕事がやりやすくなった。国中に幽霊が出てほしいものだ」とコメントした。
タグ:呪い 幽霊
posted by no name neko at 00:00 | 心霊ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。